【実録】別居から離婚するために⑭

 

ichicoのプロフィール

2018-06-12

はじめての方へ。詳しいストーリー

2018-06-13

 

こんばんは!ichicoです。

たくさんのブログの中から見つけてくださり、ありがとうございます!

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

 

こっちの方はかなり久しぶりの更新になってしまいました。。

【実録】別居から離婚するために⑬

2019-07-04

こちらの続きです。

 

前回は、本当にしょうもない言い合いでしたが、そんなことでも私にとっては気づきがありました。

その話にも触れた内容になっています。

 

今回は、ガス会社の方がガスの点検に来てくれた時の話、広島に引越すときの話、面会の日程を決めるときの話など。

私がラインアカウントを間違えて消してしまったばかりに、主人があんな行動をとるなんて…

ガスの点検で

3月15日。

この日はガス会社の方が来てくれて、ガスの点検をしてくれました。(たまたま年に数回ある点検日でした)

ちょうど引越す前だったのでガスのことも聞けて良かった。

私はこれまで都市ガスしか使ったことがなかったので知らなかったのですが、都市ガスとプロパンガスは仕様が異なっていて、例えば都市ガス対応のところならプロパンガス用のコンロを使うのは無理だそうです。

都市ガス用とプロパンガス用のガスコンロを間違えてしまうと、火力が全然違うのでとても危険です。

ガスコンロの部品を交換して使用できる場合もありますが、その部品がまた高額で…まだ2年しか使っていないガスコンロだったけど、引越し先がプロパンだったので新しいものに買い替えました。

 

そこで、不要になってしまったガスコンロをこのまま置き去りにしては、また後からいろいろ言われるのも面倒だったので一応報告。

 

私「いまガス会社の人がうちに点検に来たんだけど、ここって都市ガスで引越し先がプロパンなんでガスコンロ不要になりました。置いていきます」

主「自分で捨てたら」

私「いま光回線解約しようと電話してたんだけど、私が手続きすると引越し日までに書類の返送ができないかもしれないので名義であるあなたが手続きしてください。長女に書類持って行かせます。

あと解約した後にNTTのルーターも返送と解約手続きしてください。ルーターと段ボールは家に置いときます」

 

こういう”これしといてください連絡”は基本スルーされます。(私も「自分で捨てたら」スルーしたけど(笑))

でも無視するってことはやってくれるということなので、良しとします。(文句言ってこなければ基本オッケー。一度言ったことは追及しませんでした。あとからなにか言ってきても、一度言ったことならラインの内容スクショで送るつもりだった)

とにかく引越す前に解約やなにかしらの手続きがどれだけあるか知っておかないと、あとで主人に「これお金掛かったから半額ちょうだい」って言われるのも嫌だったので、この頃はほぼ毎日各所に電話してあれこれ確認していました。

クレジットカード

主「毎月これ来んねんけど何?」(クレジットカード記録の写メとともに)

私「生活に必要なお金です。ボーナス全くくれなかったので」(オムツやらの日用品)

主「なにに使ったんですか?明細来ないから」

私「関係ないでしょ。そっちもバンバン勝手に買ってるんだから。まだ離婚してないのに」

主「関係ある。買ってないけど。」

 

これまで私は結婚生活の中で、共同のクレジットカードを夫婦で持っていました。

そのカードで買い物するときは必ず事前に主人に報告していたのですが、こういう状況になり、ボーナスも全くくれなかったので必要なものを買うときに報告しないということが何回かありました。

向こうが自分のことでお金を使うとき私に報告せず散々使ってきたのに、少しのお金でこんな反応してくることにうんざりでした。

なにがあった?

この日、主人と私の共通のママ友に連絡をする機会があったのですが、そのママ友から”主人と会って話した”という連絡をもらいました。

たまたま次の日一緒に我が家でご飯をする予定だったので、そこで話を聞こうと思いました。

聞くと、どうやら主人の言い分を聞いたそうです。

ママ友から主人と話した詳しい内容は聞けませんでしたが、今までかなり私の肩を持ってくれていたママ友が、なぜか気まずい雰囲気を醸し出していたのです。。。

深く突っ込めない自分が情けないけど、聞けなかった…

というかなんだか言いにくそうだったです。(本当になにを言われたんだ…)

やってきた主人

広島への引越し前日。

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑰

2019-10-07

↑この記事にも書いてあるように、

この日は、私たちが明日広島に引越すということで、長女の友達家族が続々と挨拶に来てくれました。

そこで集まった、長女が特に仲の良かった4家族の子ども達と、みんなで自宅のお風呂に入ることになったので大騒ぎ!

それからも知人が私たちに会いに来てくれたりでとても賑やかに過ごしていました。

 

みんなが帰ってようやく私のお風呂…と思っていたときにやってきた主人。

長女の「パパ来た!」の声を聞いて、脱衣所にいた私はすぐお風呂に入りました。

私がお風呂に入っていると知った主人は家の中に入ってきて、家の中をひと回りしたそうです。(長女曰く)

そこで、保険証とクレジットカードを返してと言われていたので、お風呂の中から「玄関に置いてるから」と言って(保険証3人分とクレジットカードを)返すと…

 

主「長女と次女の保険証は返さんでええってゆーたやん。」

『これから離婚するんですよね???親権取る気満々か…』

私「私の戸籍に入るから無理。」

主「家族やからいけるやん。」

私「弁護士さんから聞いたんだけど。」

主「ふーん。」

 

それから長女と次女を義実家に行かせると言うので、絶対にお泊まりはしない約束で行かせました。

ふたりは1時間ほどとで家に帰ってきて、すぐ眠りにつきました。

引越し当日。逃げた私。

引越し当日。

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑰

2019-10-07

この記事の【私たちの移動日】にも書いていますが、友達親子が数組来てくれて私が家を出る準備をしていたら、キッチンの方から「にいにや!!」と叫ぶ長女の声が聞こえました。

どうやら長男と主人が家の前まで出て来ていたようです。(長男が義家族と住んでいるのは目と鼻の先)

急いで準備して外へ出ると、確かにいました。

少し遠目だけど、木の陰から見える長男と主人。(多分義兄弟もいました)

長女と次女がみんなで話していたけど、私はそこに近づくことができませんでした。

なんとも情けない話だけど、長男と面と向かい合うのが怖かった。。。

もうしばらく会えないのは分かっていたけど、あんなとんでもない勘違い(上の記事に書いています)をされていて、どうやって接すれば良いのか…

私は逃げてしまいました。

子どもの前で1番見せたくなかった親の姿でした..。

 

長男のことで後ろ髪を引かれながら、私たちは広島に向かいました。

相も変わらず…

4月3日。

夜遅くに、主人から連絡がありました。

主「年金手帳の番号送って。扶養切れない」

『まだ切ってなかったんかい』

 

この日は大阪のママ友からも連絡がありました。

主人と偶然にも2回会ったのだそうで、1度目は主人が自宅前でタバコをふかしていたとき。

2度目は大量のビールの缶をゴミ捨て場に持って行っているときに。

こんな状況のときにタバコとビール多量摂取…

ママ友の目からも、相変わらず反省の色は全く見えなかったのだそうです。

なにごと???

4月9日。

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑱

2019-11-24

ここの【やっちまったな!!!】に書いているように、私は誤ってラインアカウントを消してしまいました。

この日、長男に連絡をして向こうから返事が返ってきたのは22時半過ぎ。その頃私は友人と電話をしていました。

すると、電話を切った私はギョッとしました。

不在着信がたくさん…長男から3件。主人からはなんと14件。

『なにごと???』

少し焦りました。

『これだけかけてくるってことはとんでもない何かがあった???長男に何かあったの?』

すると、ラインにも何件か連絡が入っていることに気づきました。

(アカウント消しちゃったから)長男と主人のアカウントを知らないので、2人ではないと思いましたが見てみると…

私の母と妹3人のグループラインがなにやら賑やかに。開くと…

 

母「○○(主人)から電話が鳴った!!出んかったけど、何なんかね、話したくもないわ!」

妹「こっちもきたよ!わたしと○○(妹旦那)に」

『はぁぁぁ?なに?なんで?母と妹と妹旦那の電話??なにが起きてんの?なに怖い…』

 

母も妹も心の底から迷惑がっていたので主人にショートメールを送りました。

どエライことが起きていませんようにと願って。

 

私「何十回も、しかも私の家族にまで電話してきて何?ラインのことなら間違えてアカウント消してしまっただけなんじゃけど。

こんなことで母や妹や妹の旦那にまで連絡するなんてほんまに迷惑。みんな生理的にあなたのことむりだからほんまにやめて。

自分のしたこと考えて行動してください。今度から連絡あるからここにしてください」

『あ、誤字』(”連絡あるなら”でした)

送った後にすぐ気づいたけど、面倒臭いので直しませんでした。

主「連絡あるから?どーゆうこと?」

『揚げ足めんど』

主「長女と次女と連絡とりたいから長女に早く携帯買ってくれません?あなたが困るから連絡しようと思ったらLINEなかったんで。あなたのせいで電話したくなくてもせなあかんかったので」

『本気??私のラインアカウントがないことで何十件も、しかもこっちの家族みんなに電話したの?正直どエライことじゃなくてよかったとホッとしたけど、いくら何でも考えがブッ飛び過ぎててビックリでした』

私「連絡あるなら。ちゃんと読みました?全員迷惑がってるから」

 

ここからは連絡がありませんでした。

ここまで騒がしといて平然と私の家族に連絡してくる神経がもう異次元すぎて分からない。

でも私もこの時とても気が立っていたからか、結構な物言いだったな…

面会の話

6月28日。

結構日が開きましたが、その間のことはこちらに書いています。

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑲

2020-01-16

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑳

2020-01-23

 

主「7/〇に夜電話します。長女と次女と話したいので」

主人が久しぶりに長女と話したいと連絡してきました。

 

数日後。

約束していた電話の日。

上の記事にも書いていますが、長女とは面会の話をしたり学校の話をしていました。

面会のことは、まだ長女といつにするかなど決めていなかったので、長女は主人に面会のことを突っ込まれときどう答えたら良いか分からなくて目で訴えてきていました。

なので、真横でゴチャゴチャ喋って教えるのも気が引けたのもあって、ホワイトボードを持って、主人が言ってきたことに対してどう返せばいいかを書いて見せていました。

主人が長女に、

「夏休みの大阪に来る日やけど、お父さんの休みが7月末から8月始めやから合わせてほしいけどいける?」

と聞いていました。

私はそんなこと一切聞いていなかったし、長女ももちろん初めて聞いたので、その日程は困ると思ってホワイトボードで”予定がある”と伝えてもらいました。

なにか追及されていたようだけど、私が考えていたのは8月6日の長女の登校日からお盆前まで。

なぜかというと、もし主人の言い分を聞いたとしてその日に行かせると多分、いや間違いなく面会の延長をさせられると思ったから。

私もこの電話の前に面会の日にちのことなにも主人に言っていなかったので良くなかったですが、あの日程はなんとしても阻止したかった…

 

その後長女と次女が長男と喋ったとき、声が聞こえたのですが、数ヵ月前とは比べ物にならないほど声が低くなっていてビックリ!!

男の子の声変わりってあっという間なんですね!成長ってすごい!!

主人そっくりの声だったことにも驚きました。

不満たらたら

7月8日。

数日前に向こうから言いだした8月の面会の話。

電話のときは主人が「考えるわ」と言って電話を切ったので、それから話は進んでいませんでした。

決めないとと思いつつ、連絡を取るのが億劫になって連絡していませんでしたが…

 

主「こっち来る日7月の夏休み入ってから8/5までに帰らせる形にしてくれへん?休み変えられへんから」

私「日にちのこと相談せんかった私も悪かったけど、ごめんけど無理です。夏休み入って長女の友達とかと予定入ってます。

長女の友達の両親も仕事してるからわざわざ休み合わせてもらったしこっちを変えるのは難しいです」

主「それだと送り迎えさえ厳しいんやけど。それは〇〇ちゃん(長女の大阪の友達)とかと遊ぶ話ですか?」

私「こっち(広島)の友達の話です」

主「7月末とかも無理なん?初盆とかあってこっちの親戚とかとも会えると思っててんけど。連休希望言えなくなったから本間にこっちも厳しいんやけど」

私「予定入ってます。相手もわざわざ予定開けてくれてるんで変えるのは難しいです」

 

主人は終始不満たらたらの様子でした。

 

数日後。

主「(面会)6日~12日で決定ですか?」

私「そちらが良ければ。(広島まで)迎えが難しければ6日以降の休みでもいいです。新幹線も考えたけど、長女に新幹線口まで行くよって言ったけど無理って言ってます」

主「わかりました。」

私「婚姻費用ですが月初めに必ず振り込んでください」

なかなか約束の月初めに振り込まれない婚姻費用にやきもき…

主「行くようにします」

上から目線

その日の夜。

長女が大阪に行ったときお世話になるママ友と連絡を取って、予定が決まったことを主人にも報告しておきました。

 

私「〇日に〇〇ちゃんの家にお泊まりして〇日に〇〇(某テーマパーク)に行くそうです。長女も次女も。他にも長女が友達と遊ぶ日作りたいみたいですがいいですか」(この時点では次女も面会に行く予定でした)

主「勝手にそっちで予定決めないでくれません?何でこっちにくるのにそっちが決めるん?おかしくない?こっちで決めるんでやめてください」

『はぁぁぁぁ???こっちで決める??じゃあ長女は友達と遊ばさないと???』

私「長女は好きな友達に会うこともできないの?そのぐらいさせてあげて。その日しかみんな無理」

主「こっちに来る日もかってに決めたでしょ?勝手なことばっかせんとって。それはこっちで決めてすることです」

『なんだその方式!!!じゃあママ友と連絡とってしっかり計画立ててくれるんですかってんだ!!』

私「〇〇ちゃんのお母さんや〇〇ちゃんたちのお母さんに連絡とれるん?あの話もなしにするん?」

主「あの話って何?」

私「お泊まりや出かける話。長女が広島来る前から約束してたんよ」

主「日にち決めたのそっち行ってからやろ?」

私「だったら?」

主「もうとりあえず勝手なことばかりしないでください。こっちおる期間も短いのに。あともう寝るので。明日朝早く起きなあかんから。」

私「じゃあ自分が全て友達の計画立てて約束してくれるんじゃね。無しになったら長女に自分から説明してね」

主「はいはい」

『くぅぅぅぅ(怒)』

 

本当にどうでも良い話し合いですが(笑)面会の話し合いの最中はめちゃくちゃストレス溜まりました。

はたから見たらどっちもどっちだけど、『なんでそんなに上から目線なんだ??』ってところがとにかく多かった。

電話でも何度か話したけど、しょうもなさ過ぎて忘れました。(笑)

長女を面会に行かせる理由

次の日。

前日、主人とあんなやり取りをしてしまったので、面会でお世話になるママ友にも一応連絡しておきました。

一通り話すと、まだ離婚していなかったことにビックリしていました。(笑)

この日ママ友が学校に子どもを送って行ったら、たまたま主人も校門の前にいたそうです。

そこで、夏休みの計画を立てるために連絡先を聞かれたから教えたのだそう。

向こう(大阪)では、そのママ友が主人ぐらいしか長女と繋がる人がいないので仕方ないけど、なんだか申し訳けなかったです…

ママ友も主人に対して相当嫌悪感を持っていたけど、「(面会の件)譲れるところは譲り合うよ、困るのは長女ちゃんだから」と言ってくれてとても心強かったです。

 

その後も少し揉めて、長女と次女を大阪に行かせるのはやめようかと何度も考えました。

あれだけ精神的に不安定な状態で行かせると、のちのち後悔することが起こるんじゃないかと不安で堪りませんでした。

けど長女は大阪に行くことだけを楽しみに毎日生活していました。

そんな姿を間近で見ていると、やっぱり友達と会わせてあげたいし、楽しんできてほしい。たくさん笑ってほしい。

長男ともずっと会いたがっていたから、たくさん話したり甘えてきてほしい。

大阪にも長女に会いたい人がきっとたくさんいてくれてる。

だから行かせることに決めました。

 

7月22日。

その後主人とママ友は連絡を取り合っていたようで、どうなったか知りたくて連絡を取りました。

 

ママ友にお泊まりやお出かけは行けそうか聞くと、

何人かで集まってお泊りする予定だったけど、他のみんな予定が合わなくなってしまったから長女だけになるかもしれないということ。

次女はお泊りダメだと言われたこと。

某テーマパークも、(行動は別だけど)義家族も行くことになったから半日譲ってもらえるように言っていること。

他のママ友にも伝えて予定調節してもらっていること、友達みんな長女と会うことをとても楽しみにしてくれているということを聞きました。

『あああ申し訳ない。本当に申し訳ない。私がもっと主人と早くから話し合っておけば良かったんだ…私のバカヤローー』

弁護士通して!!

7月24日。

それまでもちょびちょび連絡があり…。

私たちはふたりで話し合うと揉めるので、少し前から弁護士を通しての話し合いになっていました。

が、弁護士を通さず直接連絡を取ってくる主人。(弁護士の意味とは…)

 

主「長女たち6日からこっちくるんやろ?それで段取りしてますけど。ただ12日には帰れません。休みとれないので。」

『やはりか…(怒)』

私「弁護士から話が行くので返事はそちらに」(すかさず弁護士に連絡があったことを報告)

主「こっちも6日からで了承してるからそれくらいはのんでくださいね」

『はい上から~~』

 

16時過ぎ、弁護士から主人に通達が行ったようで…

主「全部勝手に決めてすごいですね。」

弁護士から主人に連絡が行けば、すぐ反応してこっちに連絡してくるのでわかりやすいです。(笑)

 

この通達の前、弁護士さんと長時間電話をする中で、次女はやっぱり面会させない方が良いと言われました。

私もずっと考えていたことで、長女が行くだけでもこれだけ不安なのに、万が一長女が広島に戻ってこないなんてことがあれば、次女も間違いなく取られると言われたので「それだけは…」と次女の面会は取りやめました。

そこで、日程は変えられないこと、次女を面会させるのはやめることを伝えてもらい、あの返事です。

けど万が一ふたりがいっぺんにいなくなったらと考えると、どうしても行かせるわけにはいきませんでした。

 

面会前日。

主「明日どこいけばいいんですか?」

私「こっちの弁護士からそっちの弁護士に場所を通達したはずです」

主「今手元にないから聞いてるんですけど。次女には会わせてくれないんですね。長男がすごい残念そうやけど」

『ここで長男を出すとか…』

私「ここで連絡とりあったら必ずもめるので弁護士を通してください」

主「子供に会うのにいちいち通す意味がわかりません。揉める気ないから」

『揉める気ないって…どの口が言う』

 

8月6日。

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…22

2020-04-06

ここに書いているように、この日から長女の面会がスタート。

 

13時頃主人と合流。少し話して長女は行きました。

長女は会う前とても緊張していたけど主人が見えたら嬉しそうにかけて行き、次女はフリーズ。

自分から行くわけでもなくジーっと主人を見ていました。

抱っこしてもらったけど特になにか言うわけでもなく。

ただ次女は、長女と離れることを寂しがっていました。

別居から離婚まとめ

今回は引越しに伴って、ガスの点検時に教えていただいたことを書きました。

みなさんはプロパンガスや都市ガスの違い、知っていましたか?

知らないととても危険なので、覚えておいてほしいと思います。

私はたまたまガスの点検があったから知ったけど、点検がなければなにも知らないまま引越し先まで都市ガス用ガスコンロを持って行っていたと思います。(引越し先でガスコンロ設置のときに工事の人に指摘されて、そのときやっと買い替える羽目になっていたかも。しばらくガスが使えないところでした)

 

それから引越し当日、長男と会うことができなかったことや、面会のことなども書きました。

面会の話し合いははじめから揉めていたのですが、面会の話が出始めた頃は弁護士に相談していませんでした。

お金の話じゃないし、最初は自分たちでどうにかなるだろうと思っていたんです。

でも結局どうにもならなかった。

せっかく弁護士に依頼しているのだから、もっと早くから相談しておけばよかったと思いました。

 

弁護士は担当の方によって料金の制度がまったく違いますが、私が依頼した方は、着手金と成功報酬だけでした。

なので依頼していた1年間でどれだけ電話してもメールしても、主人や相手の弁護士に書面を送っても、追加料金がかからなかったです。

(はじめの頃はよく料金形態を理解していなかったから電話やメールだけでお金がかかると思って遠慮していました。ちょっと聞きづらいと思われるかもしれませんが、料金の話は一番はじめに詳しく聞いておくことをお勧めします。でないと私のように勝手にお金がかかると勘違いしてしまい後悔しかねません)

 

弁護士からのアドバイスとして言われていたのが、

「相手から連絡があったらすぐこちらに教えてください」

というもの。

弁護士として知っておかないといけないと、話がかみ合わなかったり進まなかったりするから。

だから例えお金に関わらない話でも、安易に自分たちでやってはいけなかった。

それが関係悪化の原因でもありました。

 

今現在は揉め事はないけど、子どものことでしばらくは繋がっていることになるから、この先元夫となにもないとは言い切れない。

なにもないに越したことはないけど、次になにかあったときのためにこの経験を頭に入れておこうと思いました。

弁護士になんでもなんでも言うと迷惑かなとか心配される方もいるかもしれませんが、言わない方が弁護に支障があることもあります。

できるだけ話して、自分の頭の中を整理していきましょう。

 

次回から、また「【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…」の続きで主人が広島に来たときのことを書こうと思ったのですが、よく考えたらそのやり取りはこっちで書いた方が良いですね。

ということで、話し合いの件はこのまま「別居から離婚」記事に書いていきます。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

ichico.

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です