【実録】引っ越し業者に見積もりしてもらいました。

 

ichicoのプロフィール

2018-06-12

はじめての方へ。詳しいストーリー

2018-06-13

 

おはようございます。ichicoです。

たくさんのブログの中から見つけてくださり、ありがとうございます!

引っ越しまで1ヵ月切りました…!

最近引っ越しに向けていろいろとやっているので、いつの間にか1日が終わっています。1日って本当に早い。

時間を有効に使おうと、昨日ふと思い立ってタスク管理を始めました。やっとです。

今まで時間の無駄遣いをし過ぎていたなと反省…

自分に合ったタスク管理ができるように模索します!

 

私は、1月に引っ越し業者に訪問見積もりをしてもらいました。

そのときのことを実録としてお話していきます。

引っ越しをお考えの方、見積もりをしたいけどどういう手順ですればいいのか分からない方、少しでも参考になれば幸いです。

引っ越し業者の繁忙期は3月下旬

私が引っ越すのは3月下旬予定。長女の修了式が終わってからです。

3月下旬といえば、引っ越し業者にとって、いっちばんの繁忙期です。

大学生とか、新社会人とか、転勤とか、私のように子供の新学期に合わせてとか…

いっちばんの繁忙期ということは、いっちばん引っ越し料金が高いです。

ちなみに引っ越し費用が安いのは5月から2月。

つまり3月4月以外は安いのですが、その中でも1番安い時期は11月と言われています。

9月から10月にかけて増える転勤者の引っ越しが落ち着き、引っ越し依頼が減ってくるからだそう。

本当は11月に引っ越したかった…

なぜなら、11月と3月下旬、引っ越し費用の差が約10万以上違うからです。(引っ越しの人数と状況によって違います)

どこの引っ越し業者が良いの?

1月に入り、私は引っ越し業者を探そうとパソコンを開きました。

3月下旬の引っ越しとなると、引っ越し費用はかなり割高になるうえ、早めに引っ越し業者を手配しないと引っ越し難民になりかねないです。

3月4月にやむおえず引っ越ししなければならない方は、早めに引っ越し業者に依頼することを強くお勧めします。

 

引っ越し業者といえば、有名どころはすぐ出てきますが、あまり知られていない業者もちらほら。

数が多すぎてどこに依頼すれば良いのか分からないですよね。

金額の問題とか、対応の違いとか、引っ越し業者によって異なります。

私は県外に引っ越しをするので、地域性のある引っ越し業者は選びませんでした。

まず、繁忙期に遠距離ってだけで断る引っ越し業者も多いからです。

引っ越し業者を選ぶときは、なにに特化しているかを見てみると良いです。

引っ越し業者の見積もりはココ!

では、その選ぶときの引っ越し業者をどう探せばいいかという点ですが、私は引越し侍で探しました。

引越し侍では、アート引越センター・サカイ引越センター・日通などの有名な引っ越し業者からあまり名の知られていない引っ越し業者まで、その人に合った引っ越し業者を決めることができます。

単身者向けや家族向け、各都道府県どこでも自分にぴったりの引っ越し業者が見つかります。

もちろん見積もりは無料です。

自分で引っ越し業者を選んでいくのは大変です。

ネットには情報が溢れかえっていますから、まず迷います。

引越し侍では、多くの引っ越し業者の見積もりを比較することができますし、料金の相場を知ることができます。

実際に引っ越し業者を家に呼ぶ前にある程度の金額を知っていた方が安心できますし、予算も組みやすいです。

自分に合う引っ越し業者を決めるときは、まず引越し侍で何件か引っ越し業者をピックアップしておいて、その中から口コミやレビューなどを見て決めれば安心かなと思います。

引越し侍から引っ越し業者に見積もりを依頼すると、値引きもありとてもお得でした^^

引っ越し業者に見積もりを依頼しようか悩んでいる方も、1度覗いてみてくださいね🎵

引越し侍で無料見積もりをする

見積もりの予約は電話?メール?

私は、1月11日に引越し侍に登録しました。(登録には現住所や新住所、新住居の詳細を記入しますが、見積もりを出すために必要な情報です)

その日のうちにアート引越センターから電話があり、サカイ引越センターからメールが入りました。(見積もりのご予約どうされますか?みたいなもの)

私の場合は一刻も早く家に来てもらい見積もりしたかったので、即訪問見積もりの予約しましたが、電話やメールでも見積もりができることもあります。(もちろん訪問見積もりの方が確実です)

電話かメール、質問や訪問見積もり日程の連絡の取り方はどちらでも良いですが、忙しい方や電話が苦手だという方は対策をしないといけません。

例えば、引越し侍に登録したら電話やメールがひっきりなしに来るという人もいます。

どの会社も新規顧客を獲得するため引っ越し業者競争です。ひどい時は1時間に何十件もの電話が…(私の場合、覚悟はしていたのですが電話もメールもすごく少なかったです(笑)繁忙期に遠距離が原因)

その場合、やっぱり何件も電話が来たらうんざりするという方もいると思います。

なので、メールだけにしたいという場合は、”その他ご希望事項”に「見積もりのやり取りはメールのみ対応します。電話の場合受けません」とハッキリ言ってしまえば良いんです。

すると、電話は一切かかってきません。

万が一かかってきても、「電話は受けない」と書いているのですから受け付けなければ良いわけです。

いよいよ引っ越し業者が見積もりに…

さて、私はまず1番はじめに連絡をくれたアート引越センターで、さっそく訪問見積もりのアポイントを取りました。

そして1月13日10時半に時間ぴったり担当の営業さんがいらっしゃいました。

とても丁寧な方で、名刺渡しから引っ越しで持っていくものの確認、質疑応答もしっかりされていて営業もちゃんとしていて(笑)

最終的に出してもらって値段は「たたた…高っ!!!」という感じでしたが、値引きをお願いするとそこから5万ぐらいボンと減らしてくれました。

金額を聞いてまず私は、「3社ぐらいに見積もりしてもらってから選びたい」とハッキリ言いました。

(訪問見積もり1回目で決めちゃダメです!他社に見積もりすると言うと必ず他社見積もり後に連絡くださいと言われます)

アートの営業さんは「では、3社の見積もりが集まり次第、もしこちらを選んでくださるなら、連絡いただけると嬉しいです。できる限りがんばります!!」と言ってくださいました。

私は、アート引越センターの営業さんはとても好印象でした^^

あ、ただひとつ残念に思ったのが、お引っ越し日とお届け日ははっきりした時間帯が選べないということ。

時間帯フリーといって、3日前にお引っ越し日の時間とお届け日の時間が分かるのだそう。

3月の超超超繁忙期なので仕方ないのですが、時間帯が選べたらありがたかったなと思いました。

時間が選べないので引っ越し後の行動が取りづらいのが難点…

そして、この日のうちにサカイ引越センターとハート引越センターでアポイントを取りました。

ありさんマークの引越社にも訪問見積もりの予約を取ろうとしたのですが、3月末の予約を取るには2月に入ってからでないと見積もりの予約ができないと言われて諦めました。(一刻も早く見積もりがしたかった)

が…1月15日はサカイ引越センターの訪問見積もりだったのですが、1月14日の19時半に電話があり、『明日の見積もり時間を告げられるのかな?』と思ったら、また引っ越しの場所を確認されました。

「広島です。」

「広島ですか…3月末は繁忙期なので長距離は難しいです。」

と直前になって断りの電話…

結局見積もりは無くなってしまいました。

はじめから確認してくださっていたらもう少し親切だったなと思いました。

引っ越し業者見積もり2件目

1月17日ハート引越センターの訪問見積もりは、11時から12時の約束だったのですが、少し早めの10時50分にいらっしゃいました。

こちらも丁寧で、腰の低い感じが印象的な営業さんでした。

引っ越しの荷物確認をされたあとすぐに見積もりを出してくださったのですが、アートさんの見積もりの金額を聞いて、「繁忙期なのでこれでも安い方ですね。」と言われました。

この金額は、アートさんが値引きする前の金額だったので、値引き後の金額を伝えるとハートの営業さんは「これはかなりがんばってらっしゃいます」と驚いていました。

私も昔営業をしていたことがあるので戦略なのは分かっていますが、3月末の繁忙期となると、「本当に引っ越し費用が他の月より倍ぐらい上がるので、通常は個人の方はお断りしているんです。」とおっしゃっていました。

例えば、3月末の引越し費用が24万円だとすると、4月半ばとかになると12万ほどで引っ越しができるのだそう。

この時期でないと仕方ないとはいえ…こんなにも違うなんて…

営業さんは上の方に電話をかけてアートさんの値引き後の金額を言い相談していました。

すぐに「はい、分かりました。」と電話を切り、間を開けてしぶりながら金額を言われました。

うーん。だいぶ下がりました。

金額的には、当社ハートの営業さんが言っていた金額から約8万減額。

もちろんアートさんよりも値下がりされています。

が、営業さんは「ここが本当の限度です」と。

そして、3月末の引っ越しなので、本当に詰め込んでやっと取れる日にちで、アートさんは引っ越し日の2日後にお届けという形なのですが、ハートさんは3日後のお届けという形になるそうです。

そしてここもアートさんと一緒ですが、終日フリー便なので引っ越しの3日前に引っ越し時間が分かるそうです。お届け日も3日前のご連絡。

混合で配達するので時間を要するとのこと。

仕方ないけど、直送でないというのは心配ではあります。

ハート引越しセンターの営業さんにはとても丁寧に対応していただきましたが、ひとつ気になることが。

営業だから仕方ないのかもしれないけど…「できればアートさんには、うちの見積もりを高く言っていただけたらありがたいです。」という言葉が出てきました。

ここまでが本当の限界とおっしゃっていたので、もう値引きは本当にできないということなのでしょうけど、客に対して嘘をつかせるような発言をされたのが気になりました。

それがなければ正直他は言うことがなかったのでハートさんにしようかと思いましたが…

引っ越しには他にもお金がかかります。

できるだけ安い方がありがたいし、なにより引っ越しというのは目に見えない買い物のようなものです。サービスを買うのですから。

だったら自分がお金を出したいと思えるような営業さんから買うのは当然ですよね。

ハート引越しセンターの営業さんが帰宅されて少し経ってから、アート引越センターの営業さんに電話をかけました。(ハートの営業さんごめんなさい)

アートの営業さんは即上の方に掛け合ってくださって、値段はハートさんより千円下げてくださいました。

どこまでも営業の戦略ですが、最終的にはとても良かったと思います。

アートさんはもともとはじめに出していた金額から、10万以上減額してくださいました。ありがたいです!

 

そしてアートさんから作り直した見積もり書が送られてくるので、そこに記載してある金額を引っ越し当日用意しておく必要があります。(引っ越し業者によって支払い形態が違います)

荷物が増えた場合は、金額の誤差があるので多少多めに用意した方が良いです。

アート引越センターの場合、基本的にはお引っ越し当日トラックへの積み込み作業完了時に現金にてお支払いすることが原則です。

もしカード支払いしたい場合は担当の営業さんに相談してみてくださいね。

 

引っ越し当日には折を見て、ペットボトルのお茶などを渡したら作業員さんも喜ばれるとのことです。

私も作業員さんの数を確認して、用意しようと思います^^

引っ越し業者で見積もりまとめ

簡単ではありましたが、私の引っ越し業者で見積もりしてもらったときの実録でした。

引っ越し業者によって多種多様なので、ぜひ引越し侍を利用してご自身に合った引っ越し業者を見つけてくださいね^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

 

ichico.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です