【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…30

 

ichicoのプロフィール

2018-06-12

はじめての方へ。詳しいストーリー

2018-06-13

 

こんばんは!ichicoです。

たくさんのブログの中から見つけてくださり、ありがとうございます!

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

前回は、長女から聞いた話に私が義妹に対してブチギレた話や、次女の発言にドギマギした話、

1年前に離婚届を提出した話などを書きました。

 

今回は、長男と長女に離婚の報告をした話、長女との面会で驚きの出来事が待ち受けていた話、面会でのこと、

面会後の衝撃的な出来事とフラッシュバック、心配していた長女の話から、新たな心配事が増えたこと。

どんどん出でくる新たな問題を書き記しています。

長男、長女へ

12月も終わりの頃。

モトオに離婚届を出した報告をしたあと、長男と長女にも離婚のことを報告しました。

 

「長男、長女へ

もうわからない歳ではないからきちんと報告しておくね。お父さんとお母さんは離婚しました。

けど、お母さんが長男と長女のお母さんってことは変わらないし、次女が長男と長女の妹ってことも変わらない。

今までたくさん寂しい思いさせてごめんね。

これからもきっといろんなことがあると思う。

けど、辛いことがあっても1人じゃないってことを忘れないでね。

1人でため込まないでね。

みんな長男と長女のこと大好きだから、きっと話聞いてくれる。

お母さんで良ければ、いつでも話聞くからね。

友達を大切にしてね。

でも1番は、自分を大切にしてね。

お父さんとお母さんのもとに生まれてきてくれてありがとう。

またいつでも連絡ちょうだいね^^お母さんより」

すると、すぐ既読になりしばらくしたのち「わかった。長男と長女より」そう返事がありました。

 

このメールは打とうか打つまいかかなり悩みました。

打ったところで子どもたちが離婚に対して理解するわけでもないし、私が大阪からいなくなった事実は変わらない。

長男は相変わらず私のことを良く思ってないかもしれないし、こんなこと言われても「わかった」としか言えないよね。

自己満足と言われればその通り。

でもどうしても伝えておきたかった。

お母さんであることは変わらないから。

明けましておめでとうございます

1月1日。

長男のラインにおめでとうの挨拶送ったら、「あけおめ。長女より」のみ!

『素っ気ない!!』

14時過ぎにラインから電話がかかってきて長女と少し話し、そのあとテレビ電話もできました。

でも…モトオがメインで映ってるのなんで?でかい。邪魔だよ長女見えないよ。

長男と長女の声が聞こえてきたのは嬉しかったけど

モトオの声が聞こえてきたことで、私の家族は(妹家族含)みんな不満大爆発してました。

もう大ブーイング。(笑)

そのあと、モトオが子どもたちと初詣に行ったらしく写メを送ってきてくれました。

良いのよ。すごく嬉しいのよ。長女が見れて。

けど…なんでモトオが主に写ってんだこのやろー!!!!長女ちっさ!モトオデカ!

 

1月2日。

面会数日前。

私「離婚後に私の除籍された戸籍謄本が2通欲しいって言ったの覚えてるかな?

もしできるなら役所に取りに行って送ってもらう事はできるかね?」

モ「大丈夫^^覚えてるよ!」

私「お願いします!よく考えたら面会するから、〇日に戸籍謄本発行したら面会の時に

手渡ししてもらってもいいんじゃね!車か新幹線か決めた?」

モ「新幹線の予定!」

この頃はまだ日本はコロナコロナ言っていなかったので、面会の話もすんなりできました。

久しぶりの再会

面会当日。

早朝に出ると言っていた主人から9時前に電話が入っていて9時半に気づいたので折り返しました。

私「ごめん、今気づいた!もう出てる?」

モ「でてるよ^^でるの遅くなってもうすぐ○○!」

『え!!!まだそこ!??』(新大阪ついてる頃かと思ったらまだ最寄り駅)

私「りょーかい!」

モ「12時くらいかなぁ着くの」

私「(広島に)あんまりおれんね」

モ「(帰るのは)遅くて6時くらいかな」

私「長女も明日学校だしね!」

今回の面会はモトオと長女の2人で来る予定でした。

モ「うん!首を長くして待ってて^^」

そして次女と首をながーーくして家で待機。

もう首が壁突き破って外に出てしまいそうなほど待ちました。

途中で何時の新幹線、何時の電車っていう報告があり、そろそろ家に着くかなと思った頃。

私「駅までお迎えいる?」

モ「大丈夫^^」

私「お昼はどうするかね?ついたらすぐ市内行く?」

モ「そやな^^長女お菓子食べてたからな〜」

私「長女少し家入るかな?」

モ「かもね^^俺は入ったらあかんよな(^_^;)」

『だめですーーーいやですーーー』

私「んーー玄関ぐらいなら笑」

すると、ものすごく変な顔のスタンプが送られてきて若干イラっとしました。(笑)

 

そしていよいよ着く頃、

次女とアパートの門で待ってようかなと上着を着てチラッとベランダを覗いたその時…!!

衝撃的な光景が目に飛び込んできました。

 

なんと1番最初に目に入ってきたのが長男!!

『え!!なんで!!サプライズすぎる…!!』

その私の視線に気づいたのか、モトオと目が合って『うわ長男見られた!』って顔をしていました。(笑)

私は嬉しくて嬉しくてすぐ次女に長男が来てることを伝えて、

次女にも上着を着せて下に降りようとしたら長女が走って来てくれて、去年の8月ぶりの再会!!

「会いたかったー!!」

と抱き合っていると、長男とチラッと目が合いました。

「よく来たね!」と笑顔で迎えると、フィッと顔を背けモトオのもとに行ってしまいました。

ガーン

でもいいんだー。来てくれただけでめちゃくちゃ嬉しい!!!

もともと長女しか来ないと思っていた私は、モトオが家に荷物を置いたらすぐに家から出るつもりでした。

モトオを家に入れるつもりなんて全くなかったのです。

が、長男が来ているとなると話が変わります。

どうぞどうぞ~とみんな家に入れて、しばらくぶりに家族水入らず!

このとき、モトオにお願いした所得証明の委任状を書いて渡し、お願いしていた戸籍謄本も受け取りました。

あとは「最近どうしてる?」って話やお互いが子どもたちに遅めのクリスマスプレゼントを渡したりお年玉渡したり。

約1時間近く、とても楽しい時間を過ごしました。

 

それからは広島市内に移動。

ゲーセンやショッピングセンターにいったりランチしたり、ボーリングしたり。

長男も長女も次女もとても楽しそうで、終始笑顔^^

楽しい時間はあっという間に過ぎ…

夕方。

モトオ、長男、長女3人はそのまま広島駅に向かい大阪へと帰りました。

私と次女はバスや電車を乗り継ぎ自宅に帰るんだけど、次女がとんでもなく疲れたようで、帰りのバスで大変でした。

夕方の平日で帰宅ラッシュ!しかも一番混む場所からバスに乗ったため乗車率は120%!!人でパンッパン!

次女は疲れ過ぎてあまりに眠たかったのか、白目剥きながら前の女の人のお尻に何度も頭突きしてたから

「スミマセンスミマセン」と何度も謝ってヒヤヒヤしながら帰りました。(抱っこする隙もないほど混んでいた)

次女は、特に「寂しい」とか「何でバイバイするの?」とは言わなかったけど、

夜になったら「私家族で一緒に寝たい」と言ってました。

多分明日あたりから寂しくなって泣き出すんじゃないかなと、そのときは思いました。

 

モトオと別れてすぐにラインが来ていました。

モ「今日はありがとうな^^めっちゃ楽しめたね!長男もお母さんって呼ぶまでに戻ったから嬉しかった^^」

そうなんです。お母さんって呼んでくれたんですよ、長男が。私も嬉しかった。

でもこの時の私は、女性のお尻に白目で頭突きし続ける次女を必死に抱き寄せていたので、帰ってから返事をしました。

私「さっき帰ってきたよー!今日は遠くから来てくれてほんまにありがとう!!

まさか長男が来てくれるなんて思ってなかったけぇそれだけでもう100倍嬉しかったよ!!

長男とも長女とも話ができてよかった^^お土産もありがとう!

次女は帰りのバスで眠たすぎてずっとこっくりこっくりしてるし満員すぎてヤバかったよ…

もう新幹線乗ったかな?」

モ「乗って帰ってるよ^^もっと一緒に居りたかったな」

私「夏休みは長男と長女お泊まりさせてあげたいな♪長めにおらして、長女の友達や母さんたちにも会わせてあげたい!」

モ「そやな!俺はまずいよな?」

私「俺はまずいかな」

『なぜモトオまで我が家に泊まって長女の友達家族に会うんだよ!!マズイでしかない』

モ「よね…もうすぐ新大阪着くわ^^」

こんな感じで、初めての面会はとても良い感じに終わりました!

衝撃と怒り

1/17

モトオと電話をしました。

追加で頼んでいた戸籍謄本と私の所得証明が届いたお礼をして、

その時長男が熱出して学校早退したとか、次女の様子とかお互いの近況とか。

次女は面会交流からみんなと離れて、毎日すごく寂しがっていました。

「保育園でも泣いちゃったみたいで。」って話を私がポロッと言ってしまったとき…

 

モ「考えててんけど、やっぱり兄妹別々にするのって寂しいよなって思って…

ichicoが良かったらみんな一緒の方が…」

 

なんて言い出すから震えました。

つまり、自分が大阪で3人を見ると言いたかったみたい。

思わず、

私「何言ってんの?今まで子どもたちのために生きてきて3人ともいなくなったら私何のために…

何を糧に生きてばいいん?」

そう呟いていました。

久々に怒りを覚えました。

震えが止まりませんでした。

冷静に。冷静に。

そう言い聞かせても、『もし次女まで居なくなったら』と思うと、不安はしばらく消えませんでした。

学校に行きたくない

1月20日。

この日の夜、モトオから電話がかかっていました。気づかなかったのでラインで連絡。

 

私「電話なに?」

モ「長女が話したいってかけただけ^^今は寝てる!」

私「今日休み?」(月曜日)

モ「俺は休み^^長女は金曜日から熱下がらないから休んでる。」

どうやらインフルではないけど熱が続いていたようです。

復活して数日後学校に行ったとモトオは言っていたのですが、

大阪のママ友からはモトオの言っていた話と違うことを聞きました。

ママ友曰く、もう少し早く復活していたらしいんだけど、学校に行きたくないと数日休んでいたみたいです。

モトオが本当のことを言ってくれなかった理由はわからないけど、長女も何とか復活したようで良かった。

たぶん次女と一緒で、家族で会ったあと(面会後)長女も寂しくなったのだと思います。

はぁ???

2月4日。

朝7時半前にモトオから電話がありました。

『なにこんな時間に…何かあったの?』と電話をとると、、

モ「ちょっと長女と話してやってくれん?昨日も学校休んでんねん。今もずっと泣いてるわ。」

私はすぐ察して、電話を変わりました。長女はひたすら泣いていました。前の感じと同じ。

「大丈夫?」なんて、大丈夫なはず無いのに聞くと、

長女「大丈夫じゃない。辛い。」

私「今なにが1番辛い?」

長女「学校に行くのもお母さんと次女と離れて暮らしてるのも辛い」

私「そうだよね。辛いよね。」

ずっと、泣いていました。

すると次女が介入。「私も!私も話したい!」と言い出しました。

一度言い出すと聞かない次女。

泣いている長女に「次女が話したがってるけど話せる?」と聞くと「いいよ。」と。

少し電話で話して、モトオがテレビ電話しようかと電話を切ってまたかけ直してきました。

モトオと長女が布団に横になっている姿が見えて、次女が嬉しそうに話しかけています。

『今のうち!』と思ってメイクや朝の準備を横でいそいそと。

たまに私も会話に入って、最近のお互いの様子を話しました。

20分近く経った頃、「そろそろ俺も準備するわ」とモトオが言い出したので、

私は「ちょっと電話で話せる?」と言い、モトオと電話で話しました。

 

私「前に私が広島の療育センターで長女の診察を予約していたって話覚えとる?」

モ「覚えてるよ。」

私「それ、大阪でした方が良いかも。長女ものすごく苦しんどるの、横で見てわかるよね?

長女、死にたいとか言わんかった?」

モ「言った。」

私「死ぬことに比べたら学校なんてどうでもいいよ。」

モ「でも明後日学校で発表会あって、しかもダンスするからさ、行かせた方がいいかなって思って。」

『はぁ???』

私「こんな状態で?とりあえず今日は休ませてあげて療育センターの予約一刻も早く取ってあげて。」

モ「でも昼まで誰もおらんからな…」

私「義家族が昼帰ってくるんでしょ?大丈夫よ。1日1人じゃないんじゃけ。」

モ「分かった。今日は休ませるわ。じゃあ長女に変わるな!」

私「うん。」

長女「もしもし?」

私「長女、無理せんでいいけぇね!」

長女「無理してる。」

私「うん。長女は今ね、大阪と広島どっちにおりたい?」

長女「どっちもおりたい。」

私「どっちの気持ちが強いかな?」

長女「どっちも強い。」

私「そっか。じゃあ、もし広島に来てお母さんたちと住みたいと思ったら、いつでもおいで。

お父さんも話したら分かってくれるから。こっち来たとしても無理やり(広島に)おらせることはせんけぇ。」

長女「分かった。」

苦しかったら逃げても良い

当時の私は、長女の苦しみを早くとってあげたいという気持ちがとても強かったのですが

だからといって広島には帰って来ないだろうなとも思っていました。

一度大阪に戻ってしまったら、生半可な気持ちでは広島には帰れないということを

長女も分かっていたんじゃないかなと思います。

だけど居場所は一つじゃないよということは分かってほしかった。

甘いかもしれないけど、苦しかったら逃げても良い。

大人だって苦しかったら逃げることもあるし、嫌なことに100%向き合える人ってなかなかいないです。

じゃあ子どもに逃げちゃダメなんて言えない。

覚悟とか勇気とか、いろいろ教えることも大事だけど、命あってのものだから。

たとえ逃げない大人がいたとしても、逃げないことを子どもに押し付けることは酷だと私は思います。

みんな違うんだから。たとえ親子であっても違うんだから。

 

この日の夜。

私「まだ職場かな?長女は大丈夫かね?」

モ「今は大丈夫やで^^」

私「長女の話よく聞いてあげてね!長男は大丈夫なん?学校とかいろいろ」

モ「今日行ってきたけど大丈夫^^」

無理やり学校へ

2月5日。

大阪のママ友達がラインで長女のことを教えてくれました。

ママ友「長女ちゃん月火と精神的なやつで学校休んで今日は先生が迎えに来てくれて無理矢理行ったみたいよ〜〇〇日は学習発表会だよ」

 

”無理やり”というのを聞いて、広島でのことを思い出しました。

広島でも長女が不登校気味だった頃、少しの間先生が無理やり連れてく時がありました。

あのときのことは反省でしかないけど、当時は私も必死過ぎて長女に寄り添えていなかった。。

恐らく長女はまた母子分離不安のようになっていて、自分でもどうすれば良いか分からないんだと思います。

そこに無理やり学校に連れていくことで不安が強くなっているのかなと。。

そばにいて話を聞いてあげることもできないなんて情けない。そう自分を責めてみたりしていました。

 

この頃、私たちの事情を知っている数名のママ友からたまに連絡が来るように。

長男のこと、長女が今朝は笑顔で登校してたこと、またある日は長女が時々学校休んでることなんかも。

長女の不満

2月7日。

ある日のこと。大阪のママ友からこんなラインがきました。

ママ友「娘(長女の友達)と長女ちゃんが話してたこと聞いたんだけど、

叔母さん(義妹)と叔父さん(義弟)が嫌みたいな事言ってるみたいよ。難しい問題だねー

大阪に居る以上一緒じゃないとダメだからね。パパ(モトオ)が自立してくれたらいいけど、無理よねー」

『無理だな』

義妹は分かるけど義弟はなんで?ってなりました。私が義家族と付き合いがあったときはあれだけベタベタしてたのに。

(もともと義妹に対しての不満は聞いていたけど義弟と長女は引くほど仲が良かった)

多分自立して3人で住むってなったら長男長女が極度の寂しがりだから難しいだろうな。

なんてぽやんと考えていました。そもそもモトオひとりでやっていけることが想像出来ない。

 

ママ友の娘ちゃんから聞いた話、義妹や義弟の嫌な部分は、服を勝手に捨ててしまうこと。

「小さくなった服は次女にあげれるのに。。」

って言ってくれていたみたいです。

あと、数ヵ月後に鬼滅の刃の映画を学校の友達同士で見に行く予定立てているとき、

そこになぜか義妹がついて来るって言ってるらしく、なんで?ってなってたみたい。

 

服を勝手に捨てると聞いたら思い出すのはあの日のこと。

長女が大阪に戻ってしまい、モトオと会ったときに渡した長女の服や長女のためにとっておいた私の服を

義妹と長女がいるかいらんか選定していたとき。

私の服は「着んやろ?」と見事に捨てられてしまい・・・

長女も義妹に対して「捨ててほしくない」って言いにくくて何も言えなかったと反省していたけど、

「勝手に捨てるってなに???」と大激怒しました。(そしてモトオに八つ当たり(笑))

長女はそのときのことが尾を引いているのだと思います。

子供に別居(離婚)の話を。その影響は…まとめ

今回は、長男と長女に離婚の報告をしたことはじめ、面会での出来事も書きました。

前回長男と長女に会ったのが前の年の8月16日。

8月6日まで私と次女と広島に住んでいた長女が面会のためモトオの車で大阪に行って10日後。

長女は大阪に戻ることを決断してモトオ、長男、義妹、義弟の5人で長女の荷物を取りに広島にやってきました。

その日から約5ヵ月。

久しぶりに会った長男ははじめ私に対しての態度はフイッて感じだったけど、

挫けず何度も話しかけていたら普通に話してくれるようになりました。

長女はいつも以上に甘えている様子で、常に横に居てくれました。大阪での話をたくさんしてくれて嬉しかった。

たった6時間ほどしか同じ時間を過ごせなかったけど、なんとも満たされた6時間でした。

この数ヵ月後、コロナが流行ると知る由もない私たちは、「また夏に会おうね」と約束してバイバイしました。

 

面会後もモトオの発言で長女が大阪に戻ってしまったときのトラウマがフラッシュバックしたり、

長女の学校のことなど新たな心配事が増えましたが、今振り返れば、

そのときは必死だったけど、生きていればどんなことも乗り越えられないことはないなと実感しています。

今振り返ればですよ。

当時は辛っ!!!!しんど!!!!!』ってことも大いにありました。

浮気された時も、

お金をとられた時も、

DVされたときも、

モラハラされたときも、

離婚すると決めたときも、

長男が義実家に行って帰ってこなくなったときも、

長女、次女と3人で広島に引越したときも(長男との別れ)、

長女が大阪に戻ると聞いたときも。

『死ぬほどしんど!!!!!!』ってなったけど、今、私は次女と笑って暮らせています。

多分これからもいろいろあるんだろうけど、今も悩みはたくさんあるけど、けっこうなんとかなります。

今までなんとかなってきましたもん。

一生苦しいは続かない。

休憩しながら進んでいきましょう。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

ichico.

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

離婚=子供に与える影響(小学生)について。心のケアの方法も。

2018-10-15

2 件のコメント

  • どうしようもなくなって、いろいろと検索している時にこちらにたどりつきました。2日掛けて全部読ませて頂きました。うちはもう子供も成人していますし、もちろんichicoさんとは状況は全然違いますが、少し元気づけられました。
    私自身は今までと違って若干気持ちが切れて、、、どうなるかわかりませんが、でもこちらに出会えた事に対してお礼が言いたくてメールしました。皆様が結果的に幸せになればと影ながら思っております。ありがとうごさいました。

    • uさん、コメントありがとうございます。
      認証と返事が遅くなり申し訳ございません(:_;)

      ブログすべて読んでいただいたということに驚きました。
      uさんの大切な時間を二日もいただき感謝します。
      このコメントで私の方がたくさんの元気をいただきました。
      私の経験したこと、渦中に調べたことが誰かの心に留まっただけで、残した甲斐がありました。
      本当にありがとうございます。

      私も再構築中はどうしようもなく苦しかったことが何度もありました。
      そのたびにネットを回って調べごとをするけどモヤモヤは消えず…
      悩みだすと止まらず、ひたすら負の連鎖を繰り返していました。
      多分その頃の私は一人で考えて一人でどうにかしようとしていたから行き詰っていたのだと思います。
      おひとりで悩まれるのはとても苦しいことだと思います。
      状況が違っていたとしても私で良ければお話聞くのでいつでもメールくださいね。
      私もuさんが納得いく結果に向かえるよう願っています。

      ichico

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です