【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…⑤

 

ichicoのプロフィール

2018-06-12

はじめての方へ。詳しいストーリー

2018-06-13

 

こんばんは!ichicoです。

たくさんのブログの中から見つけてくださり、ありがとうございます!

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

今年も早いもので、あと1ヵ月で平成最後の12月が終わろうとしています。

主人の浮気が発覚した1月から今覚えば一瞬だったけど、”一瞬”なんて、過ぎたから言えること。

その最中は本当にときが過ぎるのが遅くて辛くて、早く来年の3月になってくれと気だけ急いていました。

だけど今思うのは、まだ3月が来ないでほしいと、心の奥底に思いをはせ続けている…ということ。

その理由は今回の記事では書いていませんが、記事を順番に読んでいただき、今日の日付と照らし合わせてくださったら分かると思います。

では、続き書いていきます。

そうなるよね…

11月6日。

義家族みんなが私の悪口を子供たちに言う状況。

私は辛くないんです。だってもう義実家には行かないから。けど子供たちは度々行きます。

行かなくても義妹と義弟が行けるときは学校の校門や義実家の前で子供を待ち伏せしていて会わない日がないほど会っています。

だからこそ、私の悪口は言わないでほしい。もっと子供たちのことを考えてほしい。もういい大人なんだから。

けど以前直接言っても直らなかったので、期待をするだけ無駄だと思い子供たちに

「義妹と義弟はあんなこと言うけど”また言ってるわ”って放っときんさい。」

と伝えておきました。

義妹や義弟が私の悪口を子供たちの前で言ってもあの家には注意する人がいないから、それを受け止めなければならない子供たちが1番キツイです。

そういう環境に大事な子供たちを置いておくのも本当にキツイ。

だけど子供たち(特に長男)は義実家大好きで向こうに行きたがる。だから”行くな”とは言えない。

子供たちには、人を見分ける能力をつけて、うまく生きていけるように教えていかないとです。つぶれてしまわないためにも。

 

この日、長女がこんなことを言ってきました。

長女「そういえば言い忘れてたけど、義弟くんがね、前私にパパとママどっちについていくか聞いてきたとき私は”ママ”って言ったんだけど、義弟くんが”じゃあ敵になるかもしれん”って言ってたんだ。」

私「そんなこと言ってた?どうして長女たちにそういうこと言うんかねー。そういうの嫌だね。」

長女「うん。なんか嫌だった。」

義弟はあれだけ長男と長女に「俺はどっちの味方でもないよ。長男と長女と次女の味方だよ」と言っていたのに、やっぱりそうなるよね。

子供たちに悪影響すぎる。

11月7日。

長女「今日もな、学校の帰りに義妹ちゃんと義弟くんがいたよ。」

私「今日もいたの?」

長女「でね、”今日絶対泊まりに来てな”って言われた。」

私「絶対にってなに?」

長女「分からんけど…」

私「どうするん?」

長女「今日だけ行って良い?」

私「長女の好きにして良いよ。」

押しつけがましく言うのはやめて欲しいものです。

正直本心では行ってほしくないけど、向こうも一応血がつながっているので行きたいと言われればダメとは言えません。

ただ今後のために「またなにか言われたら教えてね」とだけ言っておきました。

小学校からの住所変更届

11月8日。

ついに小学校から、来年(2019年)の5月までに引越しをする場合の変更届の手紙が来ました。

長女は間違いなく私についてきてくれるので変更で良いんだけど、長男はまだ迷っていて決まっていないから未定に丸。

長男に聞いたら「決められるはずないやん」って。いつもこう言ってる。分かるよ。急かしたくないし、本当はもっとじっくり決めてもらいたい。

だけどそうも言ってられないぐらいの時期になってしまった。

だから長男と話して、「1番長男が願ってることはなに?」と聞いた。

すると「家族5人で仲良く暮らすこと」と返ってきた。

『んーーーー・・・聞き方間違えた』

私「ごめんね。長男の言いたいことはすごく分かるよ。だけどお父さんには好きな人がいて、それは現実的に難しいんよね。」

長男「うーーん。」

長女は「私はママがおらん生活なんて考えられへんから。」ときっぱり。嬉しい(泣)

私「お母さんもだよ。長男と長女と次女がいない生活なんて考えられないよ。長男がそんなに悩んで決められんのんなら、お母さんとこに来てくれんかな?」

すると長男は黙った。どうしても、長男は5人で暮らしていきたいんだそうだ。

子供の前でキレた私

11月9日。

20時半に主人から電話がありました。

主「まだ?今日お泊り言ってたやん。早く来させて。」

私「今まだ準備してないから。」

主「じゃあ準備させて早く来させて。それから、明日こっちで晩ご飯になったから。あと、12月始め〇〇(某テーマパーク)連れてくらしいで。」

私「12月?私が聞いたのは11月終わりだけど。」

すると、電話の奥で「前から行くって言ってたし!!」と義妹が意地悪そうな言い方で声をあげていました。ブチッ。

私の中でなにかが音を立てて崩れ、頭に血が上っていくのを感じました。なにも言い返さず私は電話を切りました。

私「なんなん!!!腹立つ!!!!」

長女「ママ、どうしたん?」

私は電話で言われたことを長男と長女に話し、いつもいきなり子供たちの予定を決まてくること、こっちが言われた日に予定があると文句を言ってくること、義妹の捨て台詞。

他にもいろいろと、バババーーッと勢いだけで話してしまいました。

息継ぎもしないほど喋ったので、口はカラカラ。息は荒く、まだ頭に血が上っていて興奮状態。

こんなに子供の前でキレたのは、何年ぶり?ってほどでした。

子供たちに心配させるほど…

あとから考えたら、なんて大人げない姿を見せてしまったんだろうと反省しましたが、人間ってカッとなったらほんと周り見えなくなりますね。恐ろしいです。

このことを相談した友達には、

「良いんじゃない?だってどう考えてもおかしいのは向こうじゃん。子供たちも分かるでしょ。今までよくキレてなかったと思うよ?」

と言ってもらえて。良いんだか悪いんだか。

結果的に長女が義妹を毛嫌いするようになりました。(少し前から義妹の身勝手な発言には嫌気がさしていたみたい)

でも、義家族の考えがズレているのは子供たちにも伝わってほしいとどっかで思っていました。

通常ならそんなこと思いませんが、通常じゃない部分が多すぎる。浮気をしたことを怒らないとか、みんな揃って子供に私の愚痴を言うとか。

もし万が一子供たちが義実家で育てられるとなってしまったら、義家族の色に染まってほしくないから。”それが普通なんだ”と思ってほしくないから。

 

そして…それから3人は義実家にお泊りに行ってしまいました。(こんなときでもお泊りに行かれて、少し自分が情けないと思いました。そこまでさせる魅力が義実家にはあるんでしょうね)

学校から帰ってくるなり

11月10日。

長女はこの日学校から帰ってくるなりいきなり、

長女「私義妹ちゃんキライや。あんな大人になりたくない。」

『子供にそれを言わせるなんて…』

私「どうしたん?なんか言われたん?」

長女「そうじゃないけどなんかもう嫌や。ママの悪口言うし。」

私「お母さんが昨日あんなこと言ったから?」

長女「それもあるけど、前から嫌なときあったし。」

私「昨日はお母さん頭に血が上って言い過ぎたと思ってるよ。愚痴言っちゃってごめんね。」

長女「良いよ。ママもしんどいもんね。けどもう義実家行きたくないな。」

私「うーーん。じゃあ行きたいときに行って行きたくないなら行かんかったら良いじゃん。」

長女「そうしたいけど、行くって言ってたのに行かんかったら義妹ちゃんになにか言われそう…。」

私「勝手に言わせとけば良いんだって!だって義妹ちゃんは親じゃないでしょ?一緒に住んでるわけでもない。お母さんが前に”子供たちには私の悪口言わないで”って言ったのにまだ言ってくるならもう放っとくしかないよ。言っても直らん人は直らんから。」

長男「でも僕、義妹ちゃんから嫌われそうやから断られへんねん。」

私「まぁお母さんはもう付き合いないけど長男たちはまだ会うもんね。しんどいよね。」

長男「うん。」

私「だけど、変わらん相手に期待し続けてもしんどいだけだよ。自分の考えを変えた方がずっと楽だから!」

 

子供にこんなことを言う私もまだ考えを変えられないこともありますが、これは本当で、相手を変えようとそこに力を入れすぎて、相手に期待をすればするほど、変わらなかったときにショック(怒り)を受ける(覚える)ことになります。

”相手を変えようとこれだけがんばったのに”という相手への期待(裏切りと捉える)と自分のがんばりが報われることがなかったから、変えられなかった自分に絶望するのではなく、変わってくれなかった相手を責めだすのです。

人は自分の都合の良いように物事をとらえます。

だから、相手に求めてそれが思い通りにならなかったら、それは”相手のせい”となってしまうんですね。

私は長い年月をかけて、それに気づくことができました。

子供たちにそう伝えてはいますが、結局は子供たちが体験しないと身にならないんだろうなということを知っているので、私も押し付けにならない程度に伝えていきたいです。

子供には失敗や苦しい思いをしてほしくないというのが親心ですが、失敗や苦しい思いをしないと分からないこともたくさんあります。

この記事にも書いている義祖母の言葉ですが、

「子供は苦労させて一人前になるんやからな。甘やかすことはなんぼでもできる。そやけどほんまの苦労ってなかなかさされへんからな。」

この言葉には刺さりました。

だてに苦労されてないなと。

苦労を覚えさすのも親の仕事ととらえて、伝えるべきこととそうではないことは親である私が見極めていこうと思います。

いろいろあったけど…で済ませる?

11月11日。

この日は日曜日。子供たちは義実家でご飯の日です。

だけど長女は朝「義実家でご飯食べたくない」というので、主人に連絡して家でふたりで食べることに。

昼から子供たちのハトコとその母(主人の従姉妹)が遊びに来たので話していたら、その母親(義父の妹さん)から電話があり、

妹さん「今日ご飯うちに食べにおいで。」

私「今日は長女も私と家で食べることになったから、家で食べますよ!」

妹さん「じゃあふたりで食べにおいでよ!」

とふたりでお邪魔することになりました。

長男と次女は義実家でご飯食べてお風呂にも入ると言っていたので、19時ごろ従姉妹宅から帰ってきて私と長女はふたりでお風呂へ。

風呂から出るころ、ちょうど長男が帰ってきたと思ってたら、義母も家に入って来て、

「昨日(土曜)泊まれんかったから今日長男泊まるから。」

って…。

『明日学校だし弁当あるのに…』(次の日はたまたま弁当がいる日でした)

しかも長男が私に「明日弁当どうしよう?」って言ったら義母が「作ったろか?」って。

私はすぐに長男に「明日朝取りにおいで。」と伝えました。

 

そのあと義妹が次女を送ってきたんだけど、

「この前は(誕生日の)プレゼントありがとう!…なんかあったらまた言ってな。いろいろあったけど、私も兄が浮気したのは許せんし。車は出せるからいつでも言ってな。」

『”いろいろあったけど”で済ませんといてーーー!!玄関全開なのに”浮気”とかデカい声で言う神経ーーー!!』

 

そのあと長男が忘れ物を取りに一瞬帰って来た。

義弟も一緒に来ていて、玄関で待機。

長男が義実家に行こうとしたら、

次女「私も行きたーい!私も義父とこで寝たーい!」

義弟「来るか?ええで!」

長男「お母さん良いの?」

義弟「ええよ別に。」

私が答える前に義弟が答えて連れて行きました。ブチブチッ

義家族の行き過ぎる身勝手さに耐えかねた私は、前々から相談に乗ってもらってた義父の妹さんに電話をしました。

最近の話を聞いてもらって、落ち付いた私は、長女と布団に入ろうと寝る準備をしていたら、今度は別の妹さんから電話がかかってきました。

妹さんの旦那さんが途中から変わって話しました。

妹さん曰く、今日はじめておじさんに私たちの事情を話したんだそう。それで、おじさんがどうしても私と話したいと言うので電話をくれたんだそうです。

「さっき聞いたけど、あまりにひどいわ。ひとりと思わんで、なんかあったらいつでもみんな飛んでいくから。いつでも電話しといでや。」

他にも、ものすごく心強いことばかり言ってもらえました。泣きそうなぐらいありがたかったです。

 

長女とふたりで寝る前、長女が寂しいと泣いた。

私「長女の家はここだよ。お母さんはここにいていつでも長女を待ってるから。お母さんは長女に”キライ”なんて言わんしなにがあっても裏切らない。だから安心して帰っておいで。義実家の人たちになにか言われても”なんか言ってるわ”って思ってここに帰ってくれば良いんよ。ここが長女の家なんだから」

と抱きしめた。

長女が落ち着いたらふたり布団に入って、長女はすぐに寝ました。

『私がこの子を守る』

さらに、強く心に誓った日でした。

担任の先生に話す

11月12日。

学校から住所変更届が来て数日。

離婚のことを先生に話しておく必要があるので、電話でこの日にアポを取っておきました。

学校に着いたら会議室に通され、長男と長女の担任の先生と私の3人で向かい合い、我が家の事情を話しました。

私「単刀直入なんですが、来年の3月に離婚します。」

長男担任「はぁ…!」

私「で、私が広島に帰るので子供たちなんですけど、長女は私について行くって決めています。長男はまだ悩んでいて、12月に中学校の説明会があるのでそれまでには必ずと思っているんですけど…

主人ともすでに別居していて、目の前に義実家があるのでそっちに行ってもらって、私は子供3人と住んでいるという感じです。」

先生方は、頷きながら聞いてくれていました。

 

長女が3人の友達に離婚のことを話してしまったこと。

長男も長女もずっとここで学んできて中途半端に転校させたくないので、長男だけでもここで卒業させたいと思っていること。

役所の社会福祉士さんとやり取りをしていて、役所に話を聞きに行くだけではなくて、学校の先生も転入・転校手続きを経験されていて、相談するといろいろ教えてくれると聞いたので、手続きについてまた教えていただきたいということ。

お忙しい時期に大変申し訳ないですが、学校でもフォローしていただきたいということ。

を、お話しとお願いしました。

 

先生方は、

長女担任「子供たちが最終決定して転校する場合は、こっちの市役所と向こうの市役所のやり取りがあって学校に連絡がいって、市役所の書類をもって学校に行くようになるんです。だから、こっちの市役所→書類もってこっちの学校→向こうの市役所→書類もって向こうの学校ってことですね。」

長男担任「夫婦同士って仕方ないことあるけど、子供にとってはどちらもずっと父親であって母親であるから、そこが会えなくなるって言うのもパターンとしてはあるわけじゃないですか。それでもある程度大きくなって”お父さんに会ってくるわ”とか”お母さんに会ってくるわ”とか、そういう関係で子供たちはずっと父親と母親を維持できる状態になるのが良いんだろうなと思いますけどね。」

長女担任「今聞いたとこだと、あまり私たちが入らない方が良いのかなと。友達にも話してるってことで、拡散とか、変な方向に話がいかないようにだけ注意しておきます。」

私は、「話が拡散されても仕方ないけど、子供たちが傷つかないならそれで良いです。」と今の思いを伝えました。

長男と長女の担任の先生は本当に頼りになる方々で、親身になってくださって感謝感謝です。

まだ悩む長男

 

11月13日。

長男が、「3日待って。お父さんかお母さんどっちか答え出すから。」と言ってこの日で3日目。

私「今日で3日だけど…答え出たかな?」

長男「・・・出せるはずないやん。」

『そうか・・・』

 

私は、ずっと自分に自信があった。あ、長男の母親として、です。

母親って唯一無二だし、お腹の中で10ヵ月大事に育ててきた。

長男の中で私が1番だと、根拠のない自信があったんです。

『長男は、主人じゃなく私を選ぶ。』

絶対そうだと信じて疑いませんでした。

 

私自身はじめは義実家のようになにかで釣ることはしないと決めていました。

だけど、長男はあまりに長く悩んでいる。私は焦りました。

「パソコンでとってほしいと言ってたゲームをとってあげる」とか、いつもは時間制限していたゲームを「制限なしでさせてあげる」とか、なにかで釣ってしまうという、やらないと決めていたことをやってしまいました。

この日のお風呂の前なんて、

「僕は家族(5人)でおりたい。」

っていう長男の心の内を教えてくれたのに、

「でも私や長男たちを裏切ったのはお父さんだからね。お母さん他の人好きになってないよね。だからお父さんとはおれんし、お母さんにそう言われても。」

なんて言ってしまった。大反省。せっかく気持ちを話してくれてるのに。受け止めるって言ったのに。

だからそのあと謝ろうとしました。

けど些細なことで言い合いになって謝れず、ご飯中少し険悪に…

だけどご飯を食べ終わったあと、私の後ろの方に座ってなにか考えている様子の長男。

長男「お母さん。」

私「なに?」

長男「さっきはごめんなさい。」

私「どうしたの?」(本当は気づいていたけど、私はいつも子供たちが謝って来たら、なんの理由で謝ってるのかということを再確認してもらうために聞いています。謝れば済むと思ってほしくないので)

長男「さっき”お母さんのとこに行かんかも”って言って。」(広島について行かないかも。ということです)

私「お母さんも、さっきは言いすぎてごめんね。長男がお母さんに気持ち話してくれたのに、”お母さんに言われても”だなんて言っちゃいけんって分かってたのに。ほんとにごめんね。」

って仲直り。ぶつかれて良かったです。

子供の素直な気持ち、見習って、いつなんどきも人に対して素直になれるよに心がけていきたいです。

親族総出での話し合い後

そしてこの日は、親族総出で話し合い①があった日。

21時の電話で「4人でおいで」と義実家に行くことになった長男は、

長男「え、僕の気持ち聞かれる?」

私「行ってみんと分からんね。」

長男「えー僕気持ちはっきり言われへん。行きたくない…」

と、行きたくなさそうにしていました。

義実家につくと、子供たち3人はすぐに2階へ。長男はホッとした顔をしていた。

・・・

帰ってからのこと。

長男「なんって言ってた?」

私「全員、お母さんの味方してくれたよ。”子供3人ともあんたが離したらあかんで”って言ってくれた。」

長男「僕もじゃあお母さんについて行く!」

この言葉を聞いて、私は長男に抱きついた。勝手に出てくる涙をボロボロ流しながら何度も何度も「ありがとう」と言った。

私「広島来てくれるの?ほんまに?」

長男「うん!!」

私「ありがとう。嬉しいわほんまに。がんばろうね!!」

長男・長女「うん!」

長男「一緒にがんばって乗り越えよう!」

私「うん!乗り越えよう!」

止まらない涙。これは紛れもなく、しあわせな涙。たくさん流したい方の涙だ。

 

義父の妹さんが長男に言ってくれた「お母さんについてってあげてな。」の言葉で決心がついたらしい。

どこまでも感謝だなぁ。

長男も長女も次女も私の子に生まれてくれて、本当に感謝しかない。

私について来てくれるって言ってくれて、これ以上のしあわせは望んだらいけないとさえ思った。

がんばって来て良かった。生きてて良かった。

 

みんな興奮しててなかなか寝付けず、23時半過ぎにやっと寝た。

私は話し合いで相当疲れていただろうけど、みんなが味方になってくれたことの安心感と長男のついてきてくれるという喜びに興奮しすぎていたのか、ほとんど眠れなかった。

でもものすごく大げさに聞こえるかもしれませんが、安堵感がすごすぎて、寝たら死ぬんじゃないかとさえ思った。(しあわせ過ぎて怖いの最強バージョンですね)

死ななくて良かった(笑)

 

そのあとの小話。

この冬休み、長男と長女と次女を連れて広島に帰省する予定なのですが、

長女「ママ、冬休みの宿題全部持って行くね!」

長男「僕も!」

長女「だってさ、はじまってからずーーっといるでしょ?」

私「向こうでしないとだね!」

長男「じゃあさ、〇〇ちゃん(私の母)の家にクリスマスのプレゼント届くの?」

私「そうそう!」

長女「ここが大阪じゃなくて広島と思って住めば練習になるんじゃないの?」

私「そうじゃね、友達だってできるよ!大丈夫!4人でおったら絶対楽しい!」

長男「信じるねお母さん!」(この言葉に少しドキッとしました。理由はまたお話します)

私「うん!大丈夫!」

こんな話を3人でしていたら、次女がいない!!もしかして…!と思ってキッチンに行ってみると…

長女「あーー!次女隠れてみかん食べてるー!!(笑)」

あーーー平和だ。

私「じゃあ4人で、せーの!!」

4人「エイエイオーーーー!!!!!」

 

ここからが、私の、私たちの、本当のしあわせの始まりだと思っていた・・・

子供に別居(離婚)の話を。その影響は…まとめ

今回は、義家族が子供の前で言う私への悪口からはじまり、子供の前でキレてしまった私のこと、長女の義妹への気持ち、義家族の驚くべき言葉と身勝手さ、長男と長女の担任の先生と話をした内容、親族総出で話し合いをしたあとの長男の驚くべき言葉を、時系列で書いていきました。

いろいろあったけど…なんて言うと、義妹と同じような言い方で素直にまとめられないところですが(笑)

でも本当に、”長男が来てくれるならもうそれで良いや”という気持ちになりました。

だからといって慰謝料を諦める気は一切ないですけどね。

それはまた別の話です!

 

ここからまた話が変わっていきます。

気になる方は読んでいただけると幸いです^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

ichico.

【実録】子供に別居(離婚)の話をしました。その影響は…まとめ

2019-05-23

【実録】別居から離婚するために。まとめ記事

2019-05-23

離婚=子供に与える影響(小学生)について。心のケアの方法も。

2018-10-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です